オッサンの垂れたお尻を引き締める簡単な筋トレ

オッサンの垂れたお尻を引き締める簡単な筋トレ

形の良いおしりってかっこいいですよね。
陸上の選手、プロ野球の選手、体操の選手、水泳の選手
それぞれ、筋肉の付き方は違いますが、筋肉がしっかりついていて、かっこよくて美しいお尻の形をしています。
男性選手のお尻でも思わず、見入ってしまいます。

走ったりするときなど、脚を速く動かす場合は、太ももの筋肉だけでなく、すごくお尻の筋肉を使うことに気がつきます。

ですが年を取ると、脚の筋肉が衰えるばかりでなく、お尻の筋肉も衰えて、お尻は小さくなり、だらりと締まりも無くなってしまいます。

そして町内リレーなどで、中年のお父さん方で脚がもつれて転んでしまう姿をよく見かけます。脚を動かすお尻の筋肉が衰えて、脚を前に出そうにも出せない、というのが原因の1つと考えられます。

若々しい体で活力を得るには、お尻の筋肉を鍛えることが重要であると言えるでしょう。

そこで、忙しいアラフィフのおっさんでも締まったお尻を手に入れるための、簡単な筋トレ方法を紹介します。

若さを保ちたい人は、「やるしかない」です。
オードリーの春日さんも推奨:FIRAマッスルサプリ

アラフィフおっさんのお尻の鍛え方

とはいえ、働き盛りで忙しい、すぐに疲れてしまうアラフィフのおっさんにとって、過酷な筋トレやスポーツジムに通い詰める余裕は、なかなかありません。

・簡単にお尻の筋肉を鍛えれる方法
・短時間でお尻の筋肉を鍛えれる方法
・継続してお尻の筋肉を鍛えれる方法

が必要になります。
そのためには、日常生活の行動を筋トレに置き換える、筋トレを組み込むのが良い手段です。例えば、

①通勤は速足で歩く
②エスカレーター、エレベーターは極力使わず
 1段飛ばしで階段を上がる
③仕事から帰ったら、まずスクワットをちょっとやる

階段を上ったり、スクワットをすると、とてもお尻の筋肉が鍛えられるので、おすすめです。


トレーニングの効果を上げたいなら、いま流行りのサプリがおススメ。
オードリーの春日さんも推奨:FIRAマッスルサプリはこちら

もうちょいお尻の筋肉を鍛えるシンプルな筋トレ

さらに、余裕があればやって欲しい、4つのシンプルな筋トレをご紹介します。
おしりや脚の体幹がも鍛えられますね。

4つとも立った状態で行います。各10回くらいで十分です。
バランスをとり怪我を防ぐためにも、壁などにつかまって下さいね。
(つかまらずにやれる人は無しでもOKです)
カッコ悪いですが、僕がやっている様子もアップしました。

①お尻を突き出したスクワット
・思い切りお尻を突き出してスクワットをします 
 深く膝を曲げなくても良いです
・両足をついてやるのも良いですが、片足ずつやったほうが
 よりお尻をつき出せて効果的です


②脚の後ろ上げ
・片足ずつ足を後ろに上げます
 ひざは曲げず脚は伸ばしたままで、上げるというより後ろに引く感じです
 (動画はひざが曲がってるので、効果は低いです)

③足の横上げ
・片足ずつ足を横に上げます
 ひざは曲げず脚は伸ばしたままで、上げるというより横に広げる感じです

④足の前上げ
・片足ずつ足を上に上げます
ひざは曲げずに脚は伸ばしたままで、格闘技のハイキックやかかと落としをやるイメージです
・とてもバランスを崩しやすいですし、無理すると筋を傷める可能性があるので
気を付けましょう

簡単なお尻のトレーニングを続けている、恥ずかしながらアラフィフの僕の後ろ姿です。

今回ご紹介した、4つのお尻の筋肉トレーニングはきついかも知れません。
たまにで良いですし、できる範囲でも良いです。
続けて実行すると、力強いお尻になってくるでしょう

オードリーの春日さんも推奨:FIRAマッスルサプリはこちら

また筋トレで疲れた時にも、プロテインをとることによって、筋肉痛や筋肉の疲れを軽減することもおススメします。