日本製と外国製のトレーニング系のサプリメントの違い、どちらが安全でオススメ?

日本製と外国製のトレーニング系のサプリメントの違い、どちらが安全でオススメ?

スポーツ系のサプリメント、プロテイン、HMB、BCAA、EAA、には日本製と海外製があります。

サプリメントを選ぶとき、日本製と海外製を比較すると

・特徴は何だろうか?
・どちらがお値打ちだろうか?
・効果はどうだろうか?
・安全性はどうだろうか?

などと迷いますよね。


日本製と海外製を分析して品質や値段などの様々な違いを説明し、オススメのサプリメントをご紹介します。

スポーツ系サプリメント選びの参考にしていただけますと幸いです。

 

サプリメントの位置付けの違い

海外では(特にアメリカ)、日本の様な健康保険がなく、病院に行くと医療費が高額になってしまいます。
このため病気にならないための「予防医学」が発達しており、サプリメントが多用されます。

アメリカでは医療用サプリメントもあり、サプリメントは医薬品と同じ位置付けです。

病気になったら医者に行って薬を飲むのではなく、病気にならないようにサプリメントを摂取して健康を維持しようとする考え方です。

 


これに対し日本では、サプリメントは栄養補助食品の扱いで、医薬品ではありません。

あくまで食品で医薬品ではないので、「治る、改善する」などの効果・効能の表記をすることはできません。

※厚生労働省「食事摂取基準(栄養所要量)」による

この医薬品か食品か、法的な扱いの違いよって、品質面や安全性にも違いが出ています。

 

サプリメントの品質や安全性の違い


欧米のサプリは安全性基準が高い


アメリカ製、ヨーロッパ製のサプリメントは、高い安全基準が設けられています。

特にサプリメント先進国のアメリカでは、DSHEA(栄養補助食品健康教育法)によって規定が定められ、

さらに、CGMP(適正製造基準)やFDA(アメリカ食品医薬品局)があり、サプリメントの製造販売や表示について厳しいルールが設けられています。

※効能効果の表示が合法化されています

このように、アメリカでのサプリメントは医薬品と同等の位置付けで、医療でもサプリメントが使用されています。

医薬品と同様に厳しい審査があるため、高い品質と安全性を備えたサプリメントが売られています。

厳しい審査を通ったサプリは、全成分の表示と加工法の表示が義務付けられています。


栄養素の質も成分の含有量もかなり高くなっており、高い効果が得られます。

海外製のサプリメントの例

【Myprotein】

 


日本やアジア圏のサプリは安全性に劣る


日本は、サプリメントに関する法律がまだありません。日本では薬規法(旧薬事法)では医薬品ではなく食品の扱いです。

 

アメリカのように厳しい品質管理の規格がなく、成分分析などテストや表示の義務はありません。

そして、本来ははっきりと効能効果をうたうことができません。

 

しかし、最近では徐々に規制されていますが、効果を誇張するような表現で宣伝しているサプリメントも未だ多く存在しています。
(アメリカでは医薬品扱いのため、事実に基づいた効果を表示できる)

 

確かに、日本でも医薬品では安全性を担保するために、GMP、GCPなどの法律に規制された製造が義務付けられています。


しかし、日本ではサプリメントは医薬品ではなく、GMPの義務化はされていません。


アメリカ製や欧州製と比べて、日本製のサプリメントは、品質や安全性に劣ると、言わざるを得ない状況です。

※GMP:Good Manufacturing Practiceの略(適正製造規範)

 

 

もちろん日本にもGMPの認定を受けた工場で生産しているものや、JAS認定を受けているサプリメントもあります。


安全性を考えると、日本製のサプリメントの場合は、最低認定を受けているサプリメントをオススメします。

日本製のサプリメントの例


値段の違い

 

スポーツ系のサプリメントにおいて、日本製と外国製では値段にも大きな違いがあります。


例えばBCAAサプリメントで、1日の推奨量である2000〜3000mgを摂ろうとすると、

日本製のサプリメントでは、1日100円〜200円くらいの商品が多いのに対し、

海外製のサプリメントでは、1日50円前後で販売されています。

 

参考)BCAAの含有量と価格、製造国の情報をのせています

 

 

この価格差はBCAAだけでなく、HMB、プロテイン、クレアチン、グルタミンなど、ほぼすべてのスポーツ系サプリメントで共通しています。

HMBのサプリメント比較


海外ではサプリメントの需要が高く大量生産していますが、日本ではまだサプリの需要が少ないことが高価格の原因だと思われます。

 

さらに、日本製のサプリメントは、品質面でも劣ります。


サプリメントの成分をみると、海外製のサプリメントとは配合成分の比率が高いですが、日本製のサプリメントは添加物が多く、配合成分の比率が低いものが多く見られます。

海外製のサプリメントは純度・品質の面でも価格の面でも、日本製のサプリメントよりも優っています。

 

サプリメントのタイプ、特徴の違い

 

海外製サプリメントの特徴は、添加物は殆ど入っておらず、成分の純度がほぼ100%であるという点です。

 

基本的にプロテインなら、プロテインのみ、HMBサプリメントならHMBのみ、クレアチンサプリメントなら、クレアチンのみの成分です。
また、パウダー状のサプリメントが多いです。

 

 

これに対し、日本製のサプリメントは、複数の成分が配合されている点です。

配合されている成分は、クレアチン、グルタミン、BCAA、HMB、プロテインなどが何種類か混ざったサプリメントが多いです。

1つのサプリメントでトレーニング時のいろんな場面に使う事ができ、トレーニング用のオールインワンサプリメントと言えるものです。

また、パウダー状よりもタブレット型が主流になり、味や飲みやすさにも着目されています。

日本製のオールインワンサプリメントの例


まとめとオススメ

価格・配合量などを考えると、オススメなサプリメントは、イギリス製のマイプロテインです。

プロテイン、HMB、BCAA、EAAの単一成分を(配合純度が高い)、お値打ちな価格で購入できます。

【Myprotein】